スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ終わった

昨日、スマロケ祭でのホワイトピンク久々来日ライブ終了しました。

歌ったのは、
1.居酒屋(五木ひろし&木の実ナナ)
2.ミミの甘い生活
3.日没少女(新曲)

今回はフラワールーシーこと留美にホワイトピンクジャパンツアーのサ
ポートミュージシャンとして参加してもらいました。
フラワールーシーの金髪はさすが北欧生まれだけあってサラッサラのツ
ヤッツヤ。私達のまるでナイロンみたいなロングヘアとは比べ物にならな
いわ。
相変わらず事前の相談の意味が全く無かったみたいな刹那的ライブになり
ましたが、なんとかお客様に喜んで頂けたみたいで楽しかったです。

ライブのあとすでにふらっふらのりえちゃんと会場の向かい側にある小さ
なスナックにちょっとだけ行ってみました。
澄川に行く度にずっと気になっていたのです。だって店の前のショーウィ
ンドウの中に大っきな古いキューピーがあり、それに手編みの服が着せて
ありその回りを電飾が取り巻いてあったり。怖い物無しのりえちゃんがド
アを開けると中にも無数の色とりどりの手編み座布団、手編み椅子カバー
と、手編みだらけ。奥から現れたのは80代だというお婆さん。素晴
らしかったです。お通しが昆布の煮しめと、大皿にトマトと梨が盛られた
ものが出てカラオケ三曲歌ってビール一本で1900円。なかなかいい
店でした。澄川行ったらまた行こう。スナック「このみ」。

りえちゃんをなんとか地下鉄に乗せて会場に戻ったら全て終わってた。
がーん。

写真は今井大蛇丸さんが撮ってマンガアプリで加工してくれました。
マンガアプリ面白いなー。







スポンサーサイト

間違った
前の記事の最後、

お待ちしてます?

じゃなくて

お待ちしてます!

でした。
ホワイトピンク

ホワイトピンクやります。

毎年澄川でもようされる「スマロケ祭」というゆるり
としたイベントに飛入らせて頂きます。
アットホーム的なイベントなので
今回は宴会感たっぷりで頑張ります。
来てね。


9月21~23日
場所 シアターラグ203
(澄川3条3丁目)
料金 1000円(3日間通し券+1ドリンク+オマケ付き)

出演
21日(金)20時~ コガネ、不幸か?竜二

22日(土)15時~ 長崎睦子、オマンkc、すずえだん、オー
ガストラッシュ、なまこ法一、ルミエトリ、ホワイト
ピンク、ドライブ

23日(日)15時~ ソルワンコ、若林ゲンキ、ラスタ、佐
藤隆之、ジャイアンリサイタル、フープス、キッコ
リーズ、松竹谷清、今井大蛇丸

*出演順

私達は土曜日の八時前後に出演します。

ゆる~ ふわ~ だら~ と、したいならぜひ。会場の半
分は桟敷なのでかなりくつろげます。

お待ちしてます?










キツネ

医大前でキツネを見た。
今年は暑過ぎて山の食べ物が実りにくかったから知床のヒグマもあんなガ
リガリになってしまったらしい。
悲しい。

昨日は帰省中のアオイちゃんの顔見に小磯宅に行った。
アオイちゃんがいると安心するというかその場の雰囲気がまとまるのがい
い。
東京進出してもう半年が経つんだなあ。早い早い。
そいで、アオイちゃんからお手製ブローチを頂いた。写真のです。紙粘土
で作られた手!結構重いです。
なんかアオイちゃんのハンドメイド作品ってわっ!と思って言葉を失う
(いい意味です)のが魅力。
ありがとう。
私もいつかハンドメイドでお返ししたい。

私も飛行機に乗りたいな。
どこか遠い所まで行って
ぐっすり眠りたい。











コンコン
せきがコンコン止まらない。

私はキツネなのでは…。
ゴージャス松野は手がキレイ

町はずれの神社にゴージャス松野が来るというので小学生みたいに自転車
飛ばして見に行った。
無論ゴージャス松野はメインでは無く、メインはあくまで「孫」の大泉逸
郎だったのだけど。
町はずれにしては意外と名前の知れた人を毎年呼ぶ小さな神社のお祭り会
場。桟敷はびっしり年輩客で埋め尽くされていた。
ゴージャス松野は中盤に田代純子(演歌歌手)と現れた。
何かやらかしてくれるのを期待していたのだが白のスーツに身を包み石原
裕次郎や中村雅俊の歌を歌ってなんだかスマートに終わってしまった。
プロレスで体を鍛えているせいかスタイルも良く、画面や週刊誌で見るみ
たいに変人っぽくもない。歌も上手いという程の事は無くトークでは元妻
を話題をネタにしてたけど古過ぎていまいち盛り上がらず、しかし人はそ
んな時、どこかにきっといい所があるはずだと思いたいものだ。だから私
はくまなくゴージャス松野を見ていい所を探してみた。そうして見つけた
のが「手」だった。細くて指もスラリと長くてとてもキレイだった。そし
て左手の小指が時々立つ事も発見してしまった。探せばちゃんとあるん
だ、いい所ってさ。
安心したので大泉逸郎の孫を聞かずに真夏の湿気った夜の道を自転車とば
して帰った。6段変則の6にしてライトは壊れてる。道が見えなくてまる
で飛んでるみたいだった。









またしても蜂
雨が止んだので庭の草を引き抜く作業をしていて生い茂り過ぎたハーブを
一まとめにつかんでグイィと抜いたら一まとめにつかんでいた部分からま
たモーター音がッ!!
昨日と違って外だったので放り投げて逃げました。
それにしても逃げる時ってキャーって言いますよね。キャーって。
子供の頃はキャーなんて言わなかったのに。
父がその場を偶然通り掛かり、
「そういう時はゆっくり逃げないとダメだぞ」って怒られました。
確かに。
蜂怖っ。
ハチが!
さっきどこからいつ入ったのか散歩から帰ってカーテン閉めようとして窓に近づ
いたらカーテンに蜂が!!

なんでよー!?

咄嗟に持ってたタオルでカーテンごと蜂を封じ込めたんだけど、
そこから動けなくなっちゃって
タオルの下からはモーター音みたいに
ジージージージーって
こ、怖い。

まずカーテンをタオルからはずす方法をいっぱい考えたけど、はずす時にタオル
の隙間から逃げたらもう捕まえられないし逆に蜂に襲撃される危険を感じて結局
蜂のモーター音を頼りにその部分をタオルの上から叩く方法を選んだ。
叩いた拍子に刺して来たら…とか思ったけどなんとかモーター音がしなくなっ
た。そ~っとカーテンからタオルを蜂をくるむようにはずして外へ。
タオルばさばさしたけど暗くて蜂が落ちたかわがら~んけど
部屋へ急行。

怖かった!怖かった!怖かった!

でもなんかまだ部屋にいる気がして落ち着かなかったけどそれよりも一気にエネ
ルギー使って強いストレス感じたせいで急に低血糖になってガクガク。

つ、疲れたぁ。

| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。